2017年6月アーカイブ

インドの話し

この20年ほど、インド北部のムザファプールという地域で5月半ばになると小さな子どもが突然意識を失いって、
病院に運び込まれるということが相次いでいました。

毎年、発症する子どもは数百人、そのうち約40%が亡くなってしまい、
100人以上の死者を出し続けているという恐ろしい病気だったのです。

知ってましたー?

すぐには原因がわからず、感染症のせいだとか、猛暑のせいだとか言われてきました。
が、インドとアメリカの研究者による徹底的な原因究明の結果、
それはライチを食べたせいらしいことがわかってきたんです。

ライチですよ、ライチ!

貧しい子供たcぎであったために、お腹がすいてる時に落ちているライチを拾って食べていて、、、
それで血糖値が急に高くなったからではないか、というものでした。

別にライチが毒だってわけではないと。

それにしても、、、ですね。
子供にはちゃんと夕飯を食べさせて、ライチを食べる時間や数は大人がちゃんと見張ってないといけないのかもしれません。
インドでのお話しでしたー。

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。