見て欲しい映画

私はタイタニック以来、ケイト・ウインスレットが大好きで、彼女の映画は見るようにしています。
映画「とらわれて夏」はケイトが出ていることと、これまた好きなジョシュ・ブローリンが共演ってことで迷わず見ました。
なんていうかセクシーで、子供の性に目覚める部分と、女性として男性を頼りたいママ役のケイトと、家族というものに目覚めたジョシュ・ブローリン、、、いーい映画でしたーー。
「あと30年刑務所にいることになっても、僕は君たちとあと3日一緒に居たかった」
、、、泣けるーーーー!
それでも、事故だったとはいえ二人の人が亡くなった事件の当事者として刑務所にいたこと、そこを抜け出したことは罪です。
ケイト(アデル役)と子供を人質にした、という罪が加算されてさらに刑務所暮らしが伸びたけど、ケイト(アデル!)はずっと待っていて、最後は一緒になるのです。
なんかこういう「あっという間に何十年」みたいな役柄が多いね、ケイトって。
あの有名な「朗読者」もそうですね。
どちらもいい映画、オススメですのでぜひ見てね!

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、みゆきが2021年5月 1日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「始末書」です。

次のブログ記事は「ケイトの思い出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。