ケイトの思い出

イギリスの名女優、ケイト・うインスレットは、あの「タイタニック」で一躍有名になりましたが、その前からちゃんと女優はしていたし、演技力はあったのです。
当時「皆、私の体重ばかりを気にしていた」「そして笑っていた」とあり、体重のことばかりが話題になったことがトラウマなんですって。

それから、映画「タイタニック」では巨大なプールに船を浮かべて撮影してたけど、水に濡れっぱなしで肺炎を起こして大変だったことも思い出として強く残っているんですって。
だから、有名なタイタニックのミュージックが流れると吐き気がするとか。
あんな名曲ないのん、、、笑、、でもケイトにとっては嫌な曲らしい。
そんなケイトですが、あれからみるみる痩せて、逆にレオナルド・ディカプリオの方が太ってきて、、。
二人とも太りやすいタイプみたいで、でもこの二人は恋愛には発展しなかった。
あとでまた共演したけど、あまり当たりませんでしたねーー。
名コンビなんだけど。
私のケイト作品の思い出は、もちろんタイタニックもそうですけど、「朗読者」という映画が心に残っています。
裸になったのはあれが最後かな。
「もう脱がない」って言ってたらしいし。
それはさておき、私はケイトが大好きです。
どんどん映画に出て欲しい。絶対に見ます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、みゆきが2021年6月 1日 17:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「見て欲しい映画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。